妊娠線はクリームで改善可能です|浸透していく実感がある

肌へのビタミンcの届け方

鏡を持つ女性

誘導体という形での配合

ビタミンc誘導体という成分があるのをご存知でしょうか。ビタミンcは美容成分として優れた働きをしますが、そのままでは安定しにくいという弱点があります。そのためビタミンcを誘導体という形で化粧品に配合し、酵素の力を借りて、ビタミンcとして肌に浸透するようにしたものです。ただしビタミンc誘導体配合の化粧品を使う場合には、注意したい点もあります。まず皮脂の分泌を抑える働きがありますので、乾燥肌の人が使うと、かえって乾燥しがちになるという点です。もしビタミンc誘導体入りの化粧水を使うのであれば、美容液やクリームは保湿力が高い物にしましょう。それから濃度が高くなると、人によっては刺激になることもありますので、購入前にパッチテストをするのがお勧めです。

3つの種類に分けられます

ビタミンc誘導体には大きく分けて、3つのタイプがあります。まず親水性のもので、クリームやパウダー、化粧水などの化粧品に配合されています。それから脂溶性のものがあり、これはVCIPと表記されることもあり、クリームなど、油分が多い化粧品に主に配合されています。それから、その両方を併せ持つタイプがあります。このため様々な化粧品に配合できるのが大きなメリットです。このビタミンc誘導体はAPPSとも呼ばれていて、従来のものに比べて浸透性が非常に高く、コラーゲンを生成して、しわやたるみも改善するため、アンチエイジング化粧品にも用いられます。ただしその反面APPSには、安定性が低く、日光などで劣化しやすい、原料が高価であるといった点もあります。